月別アーカイブ: 2018年6月

ステージの日の持ち物

イベントのある日の【 持ち物 】のお話しです。

教室のお姉ちゃん達は、小旅行サイズのスーツケースでイベントにくることが多いので、真似してMちゃんもコロコロ付きのバッグで行ってます。
直に置けるので便利です

7~8年前に購入した長女のお古ですが、まだまだ使えます。

LL ビーンのコロコロ付きバックパック

《中に入っている物》

・衣装一式
・ポーチ(ヘアー用)
・ポーチ(メイク用)
・サンダル
・水筒
・おやつ少々

毎回こんな感じです♪
同じ物は今は売っていないようですが、【 ローリング ブックバッグ 】は公式ショップにあるようですね↓



メイクを落とす

イベントでは、いつもメイクをします。
ファンデーションの上に濃いめにブルーのアイメイク真っ赤な口紅です。

メイクは楽しんではいますが、終わったらすぐに「取りたい~!」ってティッシュで目や口をゴシゴシ擦ります。
家に帰ってからキチンとメイク落としで洗いますが、メイク落としを嫌がるんですよねヽ(´o`;

仕方ないなと思っていたら、先日「ヒルナンデス!」で、水に濡らすだけで簡単にメイクが落とせちゃうタオル(°0°)を紹介していました。Mちゃんにピッタリだ~と気になっています。

コレです↓

【 サキューラ クレンジングタオル 】という名前で、水分を含むと毛穴に入り込める極細の特殊繊維のタオルで、やさしくお肌をなでるだけで、しっかりと毛穴の中まできれいにメイクや汚れを洗い流してくれるそうです。

化学物質を使用していない(ケミカルフリーのポリエステル繊維100%)。
素材も安心ですね。洗濯すれば何度でも繰り返し使えるから節約にもなりそう。

購入した方のレビューを見ると、ポイントは「優しく撫でるように拭き取る」ですね。
強くこすりすぎてお肌を荒れさせてしまった方もいるようですので(*_*)何でも使い方ですね!

お値段もまあまあだし、購入しようかなと思っています。

 




赤ちゃん バンブー ブランケット

マウナロアMMJのショップで贈り物にぴったりな赤ちゃん用ガーゼケットを見つけました(*^_^*)

【Coco Moon】やさしさから生まれた バンブー由来のガーゼブランケット
¥ 3,888 (税込)

カイルア在住のアーティストが考案した、とっても軽くて暖かなガーゼブランケット
バンブーとコットンに由来したレーヨンから作られており、柔らかで優しい肌触りが特長。
デザインは、ハワイの植物や動物などアロハの気持ちが込められており、世界中の家族に幸せが訪れる事を願っています。

正方形なので、赤ちゃんのおくるみや湯上がりタオルとしてもおすすめ。
大判なので、他にもブラケット、ビーチタオル、授乳ケープ、マット、ストールなど用途多様。

●サイズ:117.5×117.5cm
●素材:レーヨン100%(cotton bamboo 70%、cotton 30%)

優しい色使いとハワイな柄↓↓↓

【Pineapple of My Eye】

【バナナリーフ(Banana Leaf)】

【Pot O’ Aloha】

【CocoMoon】

フードのあるタイプや柄違いもありますよ。詳しくは公式ショップへどうぞ↓
公式HP:ハワイのものなら何でも揃うマウナロアMMJ




ハワイアン メレ の本

評価の高い【 ハワイアン メレ 】の本をピックアップしてみました♪


《内容紹介》
1001曲のフラ・ソングがわかる、『ハワイアン・メレ1001曲全集』がハンディ・サイズになって新たに発売!
フラ・ダンサーにとって、歌詞を理解しながら踊ることはとっても大切。
本誌でもおなじみの鳥山先生の解説で、さらにメレを理解し、心から楽しんで踊りましょう!

 


《内容紹介》
フラ・ダンサー必読書~メレフラ100曲から集めたフラの言葉1001語のハワイ語集
フラ・ダンサーがよく耳にするハワイの言葉1001語をフラソングから集めて一冊にまとめました! 豊富な写真、イラストと共に綴る大満足のハワイ語集。

 




LMA ハワイアンジュエリー リング

ハワイな気分になりたい♪1つはもっていたいハワイアンジュエリー。
LMAハワイアンジュエリーで人気の波とプルメリアのリング。

《 商品情報 》
人気の波とプルメリアが施されたリング。ピンクゴールドコーティングとシルバーの2tone。
主張しすぎない太さがお上品です。

■ブランド:ハワイアンジュエリー専門ブランド【 LocoMocoAloha ロコモコアロハ 】
■サイズ:幅:約4mm
■保証書付




ノニジュース

知人オススメの【 ノニジュース 】
コレを毎日飲むようになってから、体の調子が良いみたいです。

友人曰く、普通のノニジュースは激マズだけど、これはグレープやブルーベリーなどのフルーツが入っていて飲みやすいよ~との事。

試飲してみました。

う~ん、美味しくはないけど、まずくもない。
でも健康に良いならね💦
炭酸水とかで割ったりしたら、もっと美味しいかもしれませんが私は飲まないなあ。

 




フラダンス 業界用語

私が習っているわけでなく娘の世話をしていて耳に入ってくるだけの話なので、フラダンス関係者の人はムムッ(*_*)となるかも。そうなったらスルーしてね。

フラダンスの業界用語というのか?ハワイ語なのか?

よく分からないけど、先生やベテランダンサーの方々はよくフラダンス独特の言葉でお話しします。

メールの始まりは、いつも「aloha
先生のことは「クム
ベテランさんは、ハワイアンな感じの名前で呼び合ってる。。。

何となく照れくさくて、私は「クム」とは言えず、、、「先生」とお呼びしてます。挨拶も「aloha]でなく「こんにちは」と言ってしまいます。

「郷に入っては郷に従え」ですよね。
変な羞恥心が自分のダメな所というのは分かっていますが、脱皮できないでおります。




9回目のステージ

2018年6月 愛知県 長久手市 アピタで開催されたイベント【 ハワイアン ウェーブ 】に参加しました。

超地元のイベントで、いつも馴染みのショッピングモールだったので、家族や親戚、学校の先生やお友達などたくさん見に来てくれて、子供達はニコニコでした。
丁度レッスン日で、レッスン場と会場は道またいで向かいだったので、レッスン後の流れで会場行りするという感じに。

緊張感がないのが良くなかったのか、Mちゃんのダンスは残念な感じでした。
じじ&ばばが初めて来てくれたのに。。。
前列なのに後列で立ってるし、ステージに出てきたら観客が知ってる顔ばかりだったからか、照れながらニヤニヤして、フニャフニャダンス。。。

何だか気持ちがすっきりしない私は我慢できず小言を言ってしまいました。

レッスンの時の態度に真剣さが足りないから、適当なダンスになるんだよ…ぶつぶつ…
楽しむのは良いけど、やるときは真剣にやりなさい!
今日みたいなフザケたダンスが続くならフラダンスやめましょ! ぶつぶつ…

ばつが悪そうな顔して黙って聞いていたけど、こうやって嫌いにさせてしまうのかしら。。。
自分が上手になりたければ自分からやり出すし、放っておけばいいのにね。あ~反省。

 




ステージの日の準備

今回のネタは【 ステージの日の準備 】です。

長女が習っていたクラシックバレエの発表会の事を考えると、年間の回数は多いですが準備についてはフラはとっても楽♪

《 自宅での準備 》

イベント当日の集合は10時以降が多いので、朝はゆっくりと起きて普通に朝食を済ませます。
歯磨きして洗顔したら、教室のTシャツに着替えていよいよヘアーメイク。

🌺 メイクと言ってもファンデーションのみ
化粧水→ファンデーション塗りだけですので、最近は自分でやります。
子供が一生懸命塗り塗りしている間に、私はヘアーを担当💪
ヘアースタイルは、サイドと前髪を上げて後ろはダウンするハーフアップスタイル。
真夏は頭の上の方でお団子って事が多いかな...
しっかりと黒のゴムでとめたら出来上がり。

🌺 集合場所へGo!
集合場所で教室のみんなと待ち合わせて、控え室へ~

《 出番までの準備 》

控え室に入ったら、衣装に着替え、ヘアメイクの仕上げ♪
ヘアは、リボンかお花をピンを使ってしっかり止めます。
いつもこのピンを6本ぐらい使います↓

メイクはいつも一緒で真っ赤な口紅にアイシャドウはブルー
目の青と口の赤をしっかり塗るだけで、しっかりメイクに見えちゃうんですね~

これで完成!出番を待つだけ
ザッとこんな感じです。




フラダンサーと髪の毛

今回のネタは、【 フラガールの髪 】です。

注❣ 私はフラダンスを習っている子供のただの保護者で、
フラダンスに関してはかなりの素人ですので、理解の上読んで下さいね。

娘がフラダンスを始めたときに、一番に思ったのは、
「フラダンサーの女の人は、異様に髪が長い!」
衣装を着ていなくてもその独特な髪の毛ですぐに分かります。

調べてみると、、、

髪の毛には、エネルギーや気が宿ると考えられているんですって~
なので、髪は聖なるものなんでしょう。

娘の習っている教室もきちっとした所で、先生も髪の毛はもちろん長くフラダンスの人だと分かる感じですが、異様なほどではありません。短い方かもしれません。

実際に、先生の口から方針を聞いたわけでもないので、「ママ~それは違うわ!」と言われるかもしれませんが、

何となく先生を見てて思うのは、
フラダンスが生活の中の楽しみの一部であったら嬉しいな。ステキじゃない💖と。
細かいことを気にしないスタイル。

先生はハワイ移住しフラダンスを学んだような人だから、フラダンスど真ん中の人生を送ってきたのでしょうが、決してそれを人に押しつけるようなことはしない人。
しかし、真剣にどっぷりはまりたい人には手を差し伸べてくれます。
要は本人がどれだけ本気か?自発的ってことですね。

ですので、髪を切っても先生は何も言いません。
イベントの時は、子供はそのまんま。髪が短い子はピンやゴムでアレンジ、大人の方は付け毛をつけたりもしています。
集団でとらえると完璧ではないかもしれませんが、個を尊重している感じ。
教室によっては、勝手に髪を切ることを禁じていたりする所もあるようですね(@@;)

古典のフラなんかは髪は絶対かもしれませんが、現代なら現代の生活の中で少しずつ生活に合わせてスタイルも変化していっていいのでは。。。と思います。

そもそも、日本でやるフラダンスですしね。。。
メンテが大変でも伸ばしたい人が伸ばしゃーイイ!(^^)!